安全に治療を受けるために

看護師

紹介割引はお得な申込方法

注射した当日はシャワーを浴びてもOKですが、体を洗う際はボトックス注射を受けた部分を強く擦ったり、押さないようにしましょう。注入部位を加圧するとボトックスが周囲へ押し出されるため、治療効果が弱まってしまいます。もしくは、それが原因で何らかの副作用を感じた時は、治療を受けた美容整形外科でご相談ください。そしてお薬を服用中の人は、その医薬品名をカウンセリングの時に伝えておきます。特に精神安定剤や抗生物質、ならびに筋弛緩薬をお飲みの人は、申し出ておくのが肝心です。そのほか喘息をはじめ、呼吸器系の疾患をお持ちの人や、緑内障を患っている場合もドクターに告げてください。また、保険治療も含め、ほかの医療機関でもボトックス注射を受けていた時は、治療日時や注入量も話しておきましょう。その際はどんな治療目的だったか、あるいはどのような美容施術だったのかを話しておくこともポイントです。安全にボトックス注射を受けるためですから、それらに該当する場合は伝え忘れないようにしましょう。お薬を飲んでいる人は服用薬の名前を医師に伝えることから、ボトックス注射を受ける時は、カウンセリングの時までに薬名のメモを用意しておきましょう。もしもお薬手帳をご所有なら、カウンセリングの当日にそれを持参すればOKです。またボトックス注射は電話申込も可能ですが、ネット申込ならネット割などのお得な特典を利用できるケースが多いため、各美容外科のサイトをチェックしておきましょう。そのほか、紹介割引などを用意しているクリニックでボトックス注射を受ける場合は、その美容外科を利用者した人がいないか、身内や知人から探すのも得策です。殆どの場合、初回カウンセリングの申込時に紹介者の診察券番号などが必要ですから、それまでの間に準備しておいてください。そして、予約当日にカウンセリングを受け、施術内容や治療費に納得しましたら、医師やスタッフにボトックス注射の本申込をします。しかし、ほかの美容整形外科でもカウンセリングを受けたい場合は、一旦保留にしておき、治療先が決まってから改めて電話などで連絡しましょう。

Copyright© 2018 ボトックス注射で大変身!インターバルの必要がない All Rights Reserved.